安全な美容整形術でも、しっかり事前知識を得る事と医師選びは重要

新しい美容整形の治療方法

女性

注射だけの治療のメカニズム

美容整形術であるボトックス治療は、改善したい部位に注射するだけの治療内容で手術したかの様な結果を得る事ができる新しい治療方法です。注入するのはボツリヌストキシンと言う医療現場でも使用されている天然のたんぱく質で、人体に悪影響を及ぼす事がない事は判明しています。ボトックス治療が安全で副作用のない治療と言われているのは、安全性が確立しているボツリヌストキシンを使用しているからこそです。注入されるとその部位への脳からの信号を遮断する事ができ、筋緊張・収縮を抑制できます。筋肉への神経伝達物質であるアセチルコリンの分泌を抑制する作用があり、結果筋肉への信号を遮断できます。それにより過度な筋緊張により起こるしわ等を改善できるだけでなく、筋肉を小さくできるので筋肉太りを解消する事ができます。またアセチルコリンは、汗腺へも作用するので多汗症やワキガを抑制する事もできます。汗の分泌を抑えたとしても、腋等一部なら体温調節等で副作用が起こる事もありません。効果期間があるので、効果が切れる前に定期的に注射を再度する必要はあります。

美容整形術は様々な悩みを解消できる程、非常に多くの方法があります。どの治療法が最適かは医師と相談しながら決めていきます。美容整形は総じて様々な副作用やダウンタイムはつきものです。ダウンタイムとは、施術によりその部位が一定期間腫れたりし、それが元通りに戻るまでの期間を言います。部位によっては隠し難い事もあり、その場合仕事を休んだり人目を避けたりする努力も必要です。その為仕事を休みにくい方や学生等は、受けたくても受けにくい環境の方も多くいました。ボトックス治療の登場により、それらの希望者が受けやすくなり、多くの方がボトックス治療を選択しています。ボトックス治療は副作用のないボツリヌストキシンを注入するだけなのですが、注射なので跡が残ったりダウンタイムが発生したりする事がほとんどありません。施術後すぐに劇的な変化はなく、徐々に効果が現れるので他者に美容整形を受けた事を知られる心配はありません。ダウンタイムがほとんどないので、仕事や学校を休む必要がないので、受けやすい美容整形術と言えます。効果は永久ではなく定期的に受ける必要がありますので、自身の環境に合わせて手術かボトックス治療かを選択するとよいでしょう。

Copyright© 2020 安全な美容整形術でも、しっかり事前知識を得る事と医師選びは重要 All Rights Reserved.