安全な美容整形術でも、しっかり事前知識を得る事と医師選びは重要

不安の少ない整形手術

カウンセリング

厚生労働省の認可を得ている

ボトックス注射はシワ消しや部分痩せ、わきがなど、さまざまな治療に使用されている美容施術です。注射一本の手軽な施術であるため人気がありますが、ボトックス製剤の原料がボツリヌス菌であることに不安を感じている人もいるでしょう。ボツリヌス菌は食中毒の原因菌となる猛毒で、そのまま体の中に注入すると大変なことになってしまいますが、ボトックス注射で使用されている製剤は、ボツリヌス菌をそのまま使用しているわけではありません。ボツリヌス菌を精製して毒性を無くし、さらに希釈して製剤としているため、副作用がほとんどないことでも知られています。厚生労働省やFDAの認可を受けている製剤は、重篤な副作用の心配なしに利用できます。ただし、安全に施術を受けるためには、製剤の品質にはこだわる必要があります。不認可の製剤は、不純物が混じっていることもあり安全性の保障がされないので避けるのが賢明です。信頼できる病院で施術してもらえば、短時間の施術で理想の姿に近づくことができます。

メスを使わない整形手術の筆頭にあげられるのがボトックス注射です。注射一本でシワを消したり、エラを小さくしたりできることから、メイク感覚で受ける人も増えています。ボトックス注射の特徴としては、効果の持続期間が3ヶ月から半年であることがあげられます。注射をすると2日から3日でシワがなくなり、3ヶ月をピークにだんだん元の状態に戻っていきます。3ヶ月たったら急にシワっぽくなるわけではありません。効果を持続させるためには、効果が切れる前に再注入することになります。また、ボトックス注射の副作用としては、内出血や表情のこわばりなどがあげられます。しかし、これらの副作用は経験豊富な医師の施術を受ければ防ぐことが可能です。適切な量のボトックスを適切な場所に注入すれば、顔が強張ることもありません。また、注射の技術が優れていれば、針が血管に触れて破れ、内出血する心配もないでしょう。ボトックス認定医が在籍しているのが、信頼できるクリニック選びの一つの基準となります。

Copyright© 2020 安全な美容整形術でも、しっかり事前知識を得る事と医師選びは重要 All Rights Reserved.